忍者ブログ
なまけものの独り言
[9] [8] [7] [38] [5] [3] [31] [35] [23] [33] [11]

2017/09/25 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2007/07/20 (Fri)
明日夜の映画です。
「学校の怪談」で日本アカデミー賞脚本賞を受賞した奥寺佐渡子による脚本で、 「時をかける少女」がアニメ化されました。

ストーリーは、高校2年生の紺野真琴は、踏切事故をきっかけに、時間を跳躍する能力「タイムリープ」を得る。
「タイムリープ」を利用して、妹に食べられたプリンを先回りして食べたり、遅刻した日に時間通り登校し、設問の内容を知っている抜き打ちテストで満点 を取るなど、私欲のために能力を駆使する。「タイムリープ」の能力を発動するために は助走をつけてジャンプする必要がある。

筒井康隆の小説『時をかける少女』が原作で、お話は約20年後を舞台にした続編。
2006年にインターネットなどによる口コミ効果により公開後1ヶ月を過ぎてからも、テアトル新宿な どでは連日立ち見が出るほどの観客で溢れかえったという、大変な評判。
配給会社の角川ヘラルド映画は急遽上映館を増やすなど異例の対策をとった。2007年4月20日のDVD発売 日まで9ヶ月にわたり公開が続く異例のロングラン興行となりました。

実は、これ海外でも放映され英語・フランス語・韓国語・中国語バージョンがあるという話。
日本のアニメもすごいですね!
PR
スポンサード リンク
忍者ブログ [PR]
○sozai:グリグリの世界○ Template:hanamaru.